『劇場版ウルトラマンX』観てきました!

寒さが緩み始め、春の到来を予感させるこの頃ですが皆様いかがお過ごしでしょうか。田川右京です。
本日の記事は、先日公開された『劇場版ウルトラマンX  きたぞ! われらのウルトラマン』の感想です。
スーパー戦隊、仮面ライダーとともに新作を楽しみにしているウルトラシリーズですが、TV版『ウルトラマンX』も毎週楽しく観ていました。待ちに待った劇場版です。

今作を簡単に表すと、「『X』完結編としては甘い完成度だけど、1つの特撮映画としてよく作られた力作」となります。
ドラマや物語としての掘り下げが少し浅い印象を受けますが、ミニチュア特撮やウルトラマンの描写はよく作られています。今までのウルトラシリーズや怪獣映画をよく研究してるんだろうな、と感心しました。特に最終決戦での、人間とウルトラマンが協力して怪獣に立ち向かう姿に胸が熱くなりましたね。
間違いなく「劇場で観て良かった!」と言える作品です。ミニチュア特撮の好きな方や小さな子供のいるご家族には間違いなくおすすめ。

公開初日からあまり時間が経っていないので、ある程度のネタバレを含む感想は追記にて。たいしたことは書いていないと思いますが。
いったんここで終了です。ではでは。

続きを読む

スポンサーサイト

テーマ : 特撮・戦隊・ヒーロー
ジャンル : 映画

『キョウリュウジャーvsゴーバスターズ』観たよ!

観ました。
『スーパー恐竜大戦』、じゃなかった、『獣電戦隊キョウリュウジャーvs特命戦隊ゴーバスターズ 恐竜大決戦! さらば永遠の友よ』
観ましたよ!(しかしタイトル長いな)
今回は映画の感想について書きますよん。


【全体的な感想】
丁寧だけどドラマ的に薄味な三条陸脚本と、色々詰め込んだ坂本浩一監督の濃過ぎる演出。ちょっとアンバランスだけど、楽しめなくはない……。
というか、ひたすら楽しい映画でした。

【シナリオ面】
ドラマチックな展開を味わうよりも、ヒーローの活躍による爽快感を楽しむための物語ですな。
『キョウリュウジャー』と『ゴーバスターズ』、二つの番組のヒーローが協力して強大な敵に立ち向かう……といった、かなりオーソドックスなタイプの物語です。強烈などんでん返しや意表をつく展開も少なめで、二大ヒーローのピンチやそこからの逆転劇といった王道的な展開を丁寧に描いてます。
キョウリュウジャーやゲストのジュウレンジャー、アバレンジャーの3大恐竜戦隊の大暴れはもちろん、ゴーバスターズの活躍もしっかり描いています。特に今回は、ゴーバスターズが裏でミッションをこなさなければ3大恐竜戦隊が暴れられなかった、と文句無しに言える物語ですね。キョウリュウジャーとゴーバスターズ、メインの二大戦隊を引き立たせる良い構成だと思います。
物語上の活躍だけではなく、登場キャラも個性を押さえた描き方をしており好印象です。個性の強いメンツの揃ってる二大戦隊だけじゃなく、敵側やゲストのジュウレンジャー、アバレンジャーもしっかり描けていました。二大戦隊の会話は見ていて楽しかったから、もうちょっとやって欲しかったな。
一方で、全体的にドラマがあっさりしているなぁとも思います。特にヒーローたちのピンチ具合が多少物足りなかったかも。もう少し絶望的な展開を加えてもよかったんじゃないかな。劇中でもキョウリュウジャーの悪堕ち、ガブティラの黒化、変身不能などの数多くの危機に陥りますが、割とあっさり解決してしてしまうんですよね。解決に時間がかかる問題や、解決策も思い浮かばないような絶望の中であがく展開があれば、それだけドラマチックになるし、後半の大暴れが映えたと思いますよ。
予測不可能な展開やドラマで彩るよりも、とにかくヒーローたちを強く、カッコよく描いたシナリオだと思いました。もうちょっと濃い味の方がいいかな。

【演出面】
良くも悪くも、坂本浩一節大暴走!
アクションにこだわる坂本監督なだけあって、今回のアクションも凝ってます。キョウリュウジャーやゴーバスターズ、ジュウレンジャーやアバレンジャーが個性を活かしたアクションで画面狭しと大暴れ。戦隊でおなじみのロボ戦でも、着ぐるみと3DCGを組み合わせ、ボスキャラと迫力の戦闘を繰り広げます。
全体的にアクションシーンの続く物語ですが、そこは坂本監督。様々なシチュエーションや対戦の組み合わせ、数多くの武器や必殺技を駆使してアクションを組み立てており、飽きさせません。坂本監督がメイン監督を担当しているキョウリュウジャーはもちろん、ゴーバスターズ、ジュウレンジャーやアバレンジャーも原作を意識したバトルを繰り広げておりました。同じ恐竜モチーフのキャラ同士で協力して敵を倒すなど、組み合わせも工夫されてましたね。さすがは坂本監督!
一方で坂本監督の悪い癖も健在。ナパームや派手な合成が多すぎて、画に落ち着きの無さを感じました。また、むやみやたらとスローが多用されたり、丁寧すぎる演出で逆にテンポが削がれるシーンもありましたね。丁寧すぎる演出でいえば、キョウリュウジャーが一人ずつ順々に吹っ飛ばされるシーンでくどさを感じたり。登場人物の一生懸命な気持ちを印象付けたかったのでしょうが……。
また、ロボ戦も尺を他に取られたあおりなのか、多少あっさり目です。大獣神やアバレンオーが出るのはいいんだけど、『ゴーバスターズ』から登場するのがタテガミライオーだけってのは……。タテガミライデンキョウリュウジンも、タテガミライオーの頭を盾にしたライデンキョウリュウジンってだけだからなぁ。3大ロボが苦戦する展開を入れるといった工夫は色々なされていましたが、少々巨大戦が物足りなく感じました。こういうお祭り映画でありがちな、何か合体して必殺技かますだけってパターンからは外れてますけどね。
ひたすらテンションを上げて上げて上げまくる坂本監督の演出、今回も凄まじかった……。やりたいことをひたすら詰め込んだ印象です。


映画の感想は以上です。色々書きましたが、ひたすら強いヒーローの活躍を観ることが出来て、とても楽しかったですよ。
個人的には、夏の映画『ガブリンチョ・オブ・ミュージック』の方が好きだな、と思います。あちらの方が濃縮されてて。どちらも派手で楽しい映画ですが。

『キョウリュジャー』TVシリーズも残すところあと一回。ここのところのクライマックスっぷり、熱さを凄く楽しんでます。
『仮面ライダー鎧武』もいよいよ虚淵脚本にアクセルがかかってきてて、毎週日曜朝のスーパーヒーロータイムの時間が楽しみですよ。
それだけに、『キョウリュウジャー』があと一回で終わるってのがさびしいですね。

ここら辺でいったん終わりにしましょうか。
他にも細々と書きますけど、かなーり長くなったうえにまとまりが無いので、追記の方に。
ではでは。

続きを読む

「MOVIE大戦MEGA MAX」観てきた!!

冬定番の仮面ライダー映画、「MOVIE大戦」。
今年は「MOVIE大戦MEGA MAX」として、12月10日に公開されました。
今年のメインは放映中の「フォーゼ」と、完結を迎えた「OOO」。
それに加えて「W」と昭和ライダー(1号からストロンガーまで)も登場。

俺も観てまいりました。レイトショーで。
今回はね、その感想やらを書きます。
本文にはネタばれ無しの感想、
追記にはネタばれ有り、といった形で書いていこうかなぁ、と。
ですので、今回はコメントの返事お休みです。申し訳ありません。


ではネタばれ無しの感想。

<全体>
今回、坂本浩一監督が撮ったということもあってバトル盛りだくさん。
色んなアクションがこれでもか、ってほど詰め込まれてます。
変身前の映司や弦ちゃんも、戦闘員相手に暴れまくり。アンクも強い強い。
ライダーになるとタイマンはもちろん、集団戦でも無双の如く暴れます。スイッチもコンボも大盤振る舞い。
クライマックスではカメラもグリグリ動いてとにかく派手。
フォーゼやオーズはもちろん、Wや昭和ライダーもバッチリ活躍します。
全編にわたって、バトル詰め込みすぎじゃねぇかな、ってくらい。
話も細かい「?」はあったけど基本的にわかり易くて、1時間半があっという間に過ぎる内容でした。
カッコよく暴れまわるライダーを観たい方々は是非。
あ、そうそう。ちゃんと最後まで観ようねww。

<オーズ/OOO編>
本編のおかわり、って感じ。
基本的に新ライダー、ポセイドンやアクアが話のメインになるわけですが、
話がアンクとの再会、ってところに持ってかれて、新ライダー達の影が薄くなった印象。
ポセイドン、ただの敵キャラにしておくにはデザインカッコいいし……。
アクアももっとドラマに絡んでほしかった。もっと早い段階でポセイドンを……あ、ネタばれにつき書きません。
その一方で、本編の終了をぶち壊さない形で話続けてるのが好印象でした。
それにしても映司は貫禄が付いたなぁ。生身でのアクションも凄かったし。

<フォーゼ編>
滅茶苦茶だがとにかくアツい、弦ちゃんの恋物語。
そして弦ちゃんを支えようと奮闘する仮面ライダー部の仲間たち。
最後の変身シーンは「え、これ最終回?」と思ってしまいましたww。
如月弦太朗という男の何たるか、が凝縮された話でした。
理屈をねじ伏せるようなアツさ、嫌いじゃないわ!!
しかしなでしこの正体発覚シーンは思わず呆然となってしまったww。


ネタばれ無しの感想は以上です。
ネタばれ有りの感想は追記に書きますね。遠慮無しにネタばれするから注意。
本文はここまで。ではでは。

続きを読む

劇場版DGS観に行きました

先日Twitterの友人と一緒に、劇場版『神谷浩史・小野大輔のDear Girl~Stories~』観に行きました。
説明しますと、同ラジオ番組の劇場版です。
ね、もうね、訳分かんないですねww。ラジオ番組の劇場版って何やねんっていうww。
でも面白かったですw。

詳しく感想書く前にコメントのレスをば。
mistさん
「Stand by Ready」は現在検討中ですね~。
つっても、もうそろそろ決めなきゃいけないんですけどもw。
出来るなら是非参加したいですわ~。

続きは追記にて。


続きを読む

劇場版『OO』

今更って感じですが劇場版『機動戦士ガンダムOO』観てきました。
公開から一カ月、ようやく観に行くチャンスが。
とりあえず感想をまとめてみようかと。

<全体の感想>
『OO』完結編としてではなく、怪獣映画、パニック映画として観に行くべし。そうすれば凄く楽しめる。

<良かったところ>
戦闘シーンやメカアクションが凄まじくカッコいい。さすが劇場版。『ガンダム』シリーズでも稀に見る『マクロス』ばりのダイナミックな超高速戦闘と、『スパロボ』『ガンダム無双』と言わんばかりに暴れまくるガンダム。バトルシーンやメカに惹かれる方は必見ですぞ。
あと、特にクライマックスのビジュアルが素敵。

<どうも腑に落ちないところ>
物語は一つの映画としても『OO』完結作としてもちょっと疑問な出来。ツッコミどころや無駄なシーン、キャラが多くて、結局何が言いたかったのか、描きたかったのかが見え難い印象。特に最後の10分間は超展開で、刹那の言動に正直置いてけぼり感を喰らった気が。ホントに『OO』はこれで完結したのかな…?とりあえず、刹那の存在とデカルトさんが大きなポイントだったと思う。特にデカルト、お前何のために出てきた…?

全体的にこんな感じでしょうか。
他にも書きたいことがあるのですが、ダラダラ取りとめもなく書きそうなので続きは追記にて。


続きを読む

義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
プロフィール

田川 右京

Author:田川 右京
漫画やアニメ、ゲームや小説を広く浅く漁ってます。
好きなアニメ
  『なのは』シリーズ
  『ガンダム』シリーズ
好きな音楽
  水樹奈々さんの曲
好きな漫画
  和月伸宏先生の作品
  大場つぐみ×小畑健作品
  浦沢直樹作品
好きなゲーム
  FFシリーズ
集めてるもの
  ジャンプSQ
  『なのは』関連
Twitterアカウント
   ukyotagawa
pixivID
   ukyo-tagawa
気軽に遊びに来てくださいネ。

最新記事
pixiv
Twitter
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
FC2カウンター
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード