2017年初回は『NEOGENE CREATION』感想

 あけましておめでとうございます。田川右京です。本年もどうぞよろしくお願いいたします。
 2017年最初のblog更新、本題に入る前に今年も目標を発表します。たとえ達成できなくても特にペナルティなどは設けてませんが。
 今年も目標は2つ。

・月に1回、blogを更新する。
・月に最低1枚、絵を描いてネットにアップする。そのうち最低1枚はオリジナルの絵とする。


 去年の目標に少しだけアレンジを加えたものになりました。去年のことを考えると、これくらいが今の自分に合っていると思うので。
 去年からの変更点は描く絵について。去年の11月から描いているオリジナルの絵を月に1枚描きあげることにします。二次創作ばかりというのもちょっと飽きたので、自分の描くものを少しでも広げていこうと思います。オリジナルの難しさを考えると不安ではありますが、1年間頑張ります。



 さて本題。今回は先月発売された水樹奈々さんのアルバム『NEOGENE CREATION』の感想です。発売されてから1ヶ月経ってしまいましたな。遅れすぎ。

 今回のアルバム、非常に気に入っています。
 収録された曲はキャッチーな特色を備えたものばかりだし、奈々さんの歌声もそれをうまく掴んでいる印象。1回聴いて耳に残る曲が大半でした。
 個人的に気に入っている曲は『Please Download』『TWIST & TIGER』『RODEO COWGIRL』の3曲。
 『Please Download』は、デジタルサウンドとそれに合わせた奈々さんの歌声が面白く、美しい曲でした。冬にイルミネーションの灯った観覧車が頭に浮かんだのですが、皆さんはいかがでしょうか。
 『TWIST & TIGER』は、ピアノやトランペットなどによる演奏の軽やかさと疾走感にヤミツキ。奈々さんの活き活きとした歌声も耳に残りました。今回のアルバムでは1番再生回数の多い曲です。
 『RODEO COWGIRL』は奈々さんの明るい歌声が印象的な曲。「Ay Ay……」の部分がとても可愛らしかったです。
 この3つ以外にも、元気だったりカッコよかったりしっとりしたりと、様々な曲が収録されています。どれも良い曲でした。
 発売日である12/21は俺の誕生日前日。奈々さんからの一足早い誕生日プレゼントといったところでしょうか。素晴らしい誕生日プレゼントでした。奈々さん、ありがとうございます。

 最後になりましたが、本日1/21は水樹奈々さんの誕生日です。おめでとうございます。これからも応援させていただきますよ。




 今回はここまで。
 明日は奈々さんの『LIVE ZIPANGU 2017』大阪公演に参加します。今から楽しみですよ。
 ではでは。これからも水樹奈々に……
 かかってこーい!
スポンサーサイト

テーマ : アニソン・キャラソン
ジャンル : 音楽

『LIVE PARK 2016』参加しました!

 10月に入って早速のblog更新! 田川右京でございます。
 もっとも、今回のネタは先月に行われたイベントについてなのですが。むしろ遅い。


『LIVE PARK 2016』参加しました!

 9/22(木・祝)に甲子園球場で開催された水樹奈々さんのライブ『NANA MIZUKI LIVE PARK 2016』に参加してきました。
 阪神ファンである奈々さんが憧れる地での開催となった今回の公演ですが、俺にとっても思い出に残るライブとなりました。

 その週は天気に恵まれず、当日も雨が降ったり止んだり。開演後からしばらく雨は止んでいましたが、公演のクライマックスで強い雨が降り出しました。甲子園球場に全体を覆う屋根はありません。奈々さんも参加者の大半も雨に晒されました。しかし、奈々さんのパフォーマンス力はそんな雨にも流されませんでした。
 雨の中に見たのは、力強くパフォーマンスを続ける奈々さんの姿。雨の中でも球場全体に歌声を響かせる力強い姿を見て、俺の応援にも熱が入りました。雨の中で気分が高揚したのは子供のとき以来。雨合羽の中に雨が入ってくるのも構わず、ペンライトを振り続けました。個人的なお気に入りは『BRAVE PHOENIX』。雨の中でこの曲というのもなかなか乙なもので。
 また、アンコールで奈々さんがサックスを吹く姿も新鮮でした。習い始めて4,5ヶ月程度ということで、お世辞にも上手とは言えない演奏。cherry boysのファイヤーも同時に演奏して成立していた部分もあります。しかし演奏の腕前については、アンコール後のファンサービスということであまりうるさく言いません。新しいことに挑戦していく姿勢に魅力を覚えました。雨の中で吹いたことも相まって、非常にカッコよかったです。雨の中だったのでサックスは傷みそうですが……。

 強い雨の中に、奈々さんの底力と挑戦心を見たライブでした。これからのライブでも奈々さんの色々な挑戦を見てみたいな、と思います。今回はファンサービスという形だったけど、サックスの腕を上げてアンコール前でも演奏してみたり、とかね。アルパとか他の楽器でもいいし、別に楽器でなくてもいいんだけど。
 荒天の中でのライブでしたが、本当に幸せな時間でした。様々なめぐり合わせの中での奇跡的な開催日程だったこともあって、奈々さんや公演に携わった方々に感謝しています。


 本日はここまで。なぜだか書くのに時間がかかってしまいました。たったこれだけの文章量なのですが、2週間も。
 ではでは。これからも水樹奈々に……
 かかってこーい!

『STARTING NOW!』聴きました

 7月最初のblog更新です。今回は月末じゃない時期に更新できました。更新するネタがあったおかげですけど。
 今回の話題は、7/13(水)に発売された水樹奈々さんのニューシングル『STARTING NOW!』の感想です。

 今回のシングルに対してあまり良い評価はできませんでした。どの曲も上辺だけの歌声で、一つの曲として充実しているものがありません。
 収録されているのは「STARTING NOW!」「アンティフォーナ」「恋想花火」の3曲。元気な応援ソング、血が滾るようなカッコいい曲、切ない恋の歌と曲調は様々ですが、どの曲の歌声にも抑揚や力強さ、繊細さが欠けています。歌詞や曲の根底にある意味や感情を捉えることなく、小手先のテクニックでひねり出したかのような歌声で、耳に残りませんでした。また曲自体も全体的に軽すぎます。奈々さんの歌声を存分に活かすためだったのでしょうか。薄味の曲で奈々さんの表面的な歌声がかえって強調されてしまい、あまり良い印象にはつながりませんでしたが。
 ライブにも参加するファンとして見ると、「STARTING NOW!」のようにライブで化けそうな曲もありました。「ここでファンの皆に盛り上がってほしいんだろうな」という予想はできるし、実際にライブで歌われた場合は俺も盛り上がるでしょう。しかし曲を聴いた人全員がライブに行くわけではありません。CDや配信の場合にライブ云々は関係ありませんし、ファンに甘えすぎているのではないかとも思いました。「ライブ云々はお前の勝手な妄想だ」と言われればそれまでなのですが、
 今回は曲そのもので惹きつけるような内容ではありません。前向きな評価をするならば、ライブで歌われた場合におけるファンとの一体感に期待、といったところでしょうか。

 感想はは以上です。低い評価を下しましたが、奈々さんを応援する気持ちに変わりはありません。俺はこれからも奈々さんの活躍に期待していますし、奈々さんに全力でかかっていきたいと思います。
 今回はここまで。
 ではでは。

テーマ : アニソン・キャラソン
ジャンル : 音楽

『LIVE GALAXY 2016』に行ってきました!

 熊本で発生した一連の地震で、大変心配な状況が続いております。
 14日(木)だけではなく今日の未明にも激しく揺れたようで……。被災された方々は余震や避難生活等で、落ち着かない日々を過ごされているかと思います。心中、お察し申し上げます。
 お辛い状況が続くでしょうが、ご自身と身内の方々の安全、安心を第一に、くれぐれも気をつけて生活なさってください。俺も義援金等で及ばずながら、助けになりたいと思います。
 一刻も早く、被災された方々が安心して生活できる日の来ることを、遠方からお祈り申し上げます。



 さて、本日の話題はこちら。
LIVE GALAXY 2016
 4月9日・10日に開催された『NANA MIZUKI LIVE GALAXY 2016』に参加してまいりました。
 今回は9日(土)の『GENESIS』、10日(日)の『FRONTIER』に参加しました。発表年代で曲を振り分けるということで、両日参加すると楽しいだろうな、と思いまして。ライブの両日参加も久しぶりで、楽しみにしておりました。
 感想は両公演共通のものと、公演ごとに分けたものを書きます。


・両公演共通の感想
 タイトルの通り、今回のモチーフは銀河です。衣装やセット、演出や映像も、宇宙をイメージさせるものでした。
 ステージはスペースシャトルを思わせる白と黒の模様で飾られ、幕間映像の舞台は未来の宇宙都市。UFOや宇宙魔女っ娘が宙を舞い、歌声に反応する巨大ロボットが復活。バックバンドのcherry boysは全員、某聖闘士をパク……オマージュした衣装に身を包み、バックダンサーのチームヨーダは「ワレワレハ、ウチュウジンダ」な宇宙人となりました。そんなゆるーい宇宙縛りは、奈々さんの明朗な歌声とも相性が良かったと思います。
 個人的なお気に入り演出は宇宙魔女っ娘。大きなライブ会場では定番となった奈々さんの飛行演出ですが、ポップな色彩の惑星を引き連れてホウキで飛ぶ奈々さんの姿に惹きつけられました(文章では想像しづらいでしょうが)。飛んでる間、宙に投げ出された足をプラプラさせてるのがまた可愛かったです。
 また、cherry boysのパフォーマンスも記憶に残りました。両公演共通のもので言えば『エゴアイディール』後の演奏。奈々さんのスタンバイも兼ねてのものでしたが、そんな事情など頭から吹き飛ぶカッコよさでした。改めてcherry boysの凄さを思い知りました。
 両公演共通して、カッコよさと可愛らしさ、元気の溢れた銀河であったと思います。楽しかった!

・『GENESIS』感想
 2000~2007年ごろの曲でセットリストを組み立てる、という事前情報でしたが、2015年に発売された『SMASHING ANTHEMS』の曲も入ってて少し違和感を覚えました。確かに新曲を歌わないとは言ってないし、色々な事情はあるのでしょうが……。あと、MCで公演のコンセプトを説明した直後に『Never Let Go』を歌ったのでちょっとズッコケました。それぐらいは配慮してくれても……。
 最新アルバム曲の印象に引きずられたためか、選曲に関しては例年のライブとたいして変わらない印象を受けました。事前情報で「昔の曲オンリー」という先入観に捉われた俺が悪いのかもしれませんが。奈々さんのパフォーマンス自体に問題はないし。でも東京ドームのような大きな会場で行う以上、中途半端なことはしてほしくないなぁと少し残念に思いました。創世記だもん。期待しちゃいますやん。

・『FRONTIER』感想
 こちらは2008年以降の曲で組み立てられたライブということで、『SMASHING ANTHEMS』の曲も違和感なくとけこんでいました。当たり前か。『COSMIC LOVE』のように明るい曲や『恋の抑止力』のような激しい曲を中心としたセットリストの中には、『Astrogation』のようにドンピシャな曲もあって文句なしの構成。cherry boysの演奏で言えば、『DISCOTHEQUE』のアレンジにシビれました。
 事前情報云々を抜きにしても、セットリストや演出等が上手くかみ合い、完成度の高い公演だったと思います。奈々さんの銀河の最前線に大満足でした。


 今回の感想は以上です。今回は公演ごとに評価の差が出ました。
 色々書きましたが、広いステージの端から端まで駆け回る奈々さんの姿を見てると、こちらにも元気が出てきます。っていうかよく走って歌えるな……。『LIVE ADVENTURE 2015』での奈々さんはちょっとおとなしいなと思っていたのですが、今回の公演で完全に復活した印象を受けました。
 参加できて本当に良かったです。これからも水樹奈々さんに全力でかかっていきたいと思います。



 本日はここまで。
 ではでは。

テーマ : LIVE、イベント
ジャンル : 音楽

奈々さんの「座長公演 四」に行ってきました!

2016年最初のblog更新でございます。ちなみに今年の目標はまだ決めていません。
新年一発目の記事はこちら。

座長公演 四

1/24(日)に行われた「国立代々木競技場第一体育館座長公演 "水樹奈々大いに唄う 四"」の感想です。
今回俺が参加したのは午後2時から開演された部です。思ったより混雑してて、帰り際は人の波に少し酔いました……。


今回の座長公演は「桃太郎がもし女性だったら」という設定のお話でしたが、奈々さんの座長公演らしく、終始楽しい舞台でした。
時代設定を無視したボケや声優ネタ、奈々さんによる77人斬りや出演者のワイヤー飛行などの広い会場を存分に活かしたイベント、極めつけに奈々さんの唄で、過ぎるのがあっという間の3時間。笑いと興奮に満ちた娯楽活劇でした。

水樹一座の役者さんたちも魅力的でした。おなじみの杉田智和さんや福圓美里さんたちはもちろん、置鮎龍太郎さんのように座長公演初参加の方々も舞台の上で個性を放っていました。初参加の方々も水樹一座に違和感もなくとけこんでいましたね。奈々さんに何かしらの関連のある方々だったのが大きいのでしょうが。

また、今回の公演で奈々さんの唄った歌謡曲についてですが、昔より奈々さんらしく唄えているように思います。今まではどことなくモノマネっぽかったのですが、今回のものについてはしっかり奈々さんの歌声で唄えていたような気がします。『きよしのズンドコ節』のように、選曲が良かったのでしょうか? 偉そうなうえにアヤフヤな感想で申し訳ないのですが、奈々さんの歌声がこれからもどんどん進化していくように思えてワクワクしています。


それでは出演者の方々について、簡単にですが個別の感想を。

キュアノリスケこと松本保典さん(っていうか『フレッシュプリキュア』に出てましたやん)は、おじいさん役が妙にマッチしておりました。まだそんな年齢じゃないはずですが、可愛らしいお年寄りだったと思います。

保村真さん、「イヌ」の演技が良い意味で気持ち悪かったです。あと、奈々さんに座ってもらえてよかったといいますか羨ましいといいますか……。良い「イス」、もとい「イヌ」でありました。

杉田智和さんは相変わらず、安定安心の杉田節でありました。奈々さんのイベントではすっかりおなじみになりましたが、杉田さんがいるとやっぱり安心します。こういう場にいなくてはいけない人といいますか。あと、奈々さんの唄ってる最中の仕草がついつい気になります。

名塚佳織さんのコギャル(死語)演技の上手なこと! コギャル(死語)らしい口調だけど妙にウザくならない絶妙な演技で、はまり役の感がありました。前回の座長公演とは全然違う役柄でしたが、見事でした。

小西克幸さん、お疲れ様でした。熊に乗った金太郎の着ぐるみに、肉襦袢に、プロレスに……。今回の舞台で一番疲れているのは、奈々さん以外で考えると小西さんじゃなかろうか。本当に、本当に、お疲れ様でした。

福圓美里さんは声だけの出演かなとちょっと心配しました。結局ちゃんと本人が出てきましたが。スポットライトなどの演出もあって、こういう変化球な出方も面白かったです。ぶっきらぼうな男の子役も良かったし。

沢城みゆきさんがワイヤーで飛ぶとは思いませんでした。杉田さんが飛ぶのは予想つきましたけど。それにしても結構な距離とんでましたね。次は誰が飛ぶのやら……。そういえば沢城さんもプリキュア声優になりましたね。どんどん増える、水樹一座のプリキュア出演率。

置鮎龍太郎さん、座長公演初出演おめでとうございます。去年のFCイベントにも出ていたので出るかなとは思っていたのですが。やっぱり良い声だわぁ。間の抜けたところや愛嬌もあって、愛せる悪役でした。

中村悠一さん、座長公演初出演おめでとうございます(2回目)。この人が出るとは思わなかった。杉田さんとの共演も見ることができて良かったです。「お前たちが俺の翼だ」って『マクロスF』のセリフ、奈々さんの演じたキャラクターを考えると……。

五十嵐麗さん、座長公演初出演おめでとうございます(3回目)。この人も出るとは思わなかった。過去には旦那様も登場されているし、五十嵐さん自身の出演されているアニメ作品を考えると納得の出演と配役なのですが。それにしても、ああいう悪の女王的な衣装の似合うこと似合うこと。さすがでした。

浅沼晋太郎さん、今回も役者、脚本、演出とお疲れ様でした。今回も出るかな出るかなと思ってたのですが……役柄に笑いました。金太郎から分離した熊(2足歩行)ってwww。次回の座長公演でも期待してます。どんな役で出るのかも含めて。


新年最初の月から楽しませていただきました。これからも座長公演は続けていきたいとのことで期待しております。次回の座長公演にも全力でかかっていきますよ。

本日はここまで。
ではでは。
義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
プロフィール

田川 右京

Author:田川 右京
漫画やアニメ、ゲームや小説を広く浅く漁ってます。
好きなアニメ
  『なのは』シリーズ
  『ガンダム』シリーズ
好きな音楽
  水樹奈々さんの曲
好きな漫画
  和月伸宏先生の作品
  大場つぐみ×小畑健作品
  浦沢直樹作品
好きなゲーム
  FFシリーズ
集めてるもの
  ジャンプSQ
  『なのは』関連
Twitterアカウント
   ukyotagawa
pixivID
   ukyo-tagawa
気軽に遊びに来てくださいネ。

最新記事
pixiv
Twitter
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
FC2カウンター
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード